2018年1月からはじまった「つみたてNISA」は、これまで預貯金しかしてこなかった人が、投資や資産運用をはじめる第一歩として利用するのにおすすめだ。今回は、つみたてNISAが投資初心者に向いている理由を紹介する。

安全性が高い商品が選ばれている

coin
(写真=Denphumi/Shutterstock.com)

つみたてNISAで購入できる商品は、長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託とされていて、その基準を満たすためにさまざまな制限が設けられている。

まず、つみたてNISAで取り扱っている金融商品は、すべて「投資信託」である。さらに「ノーロード」、つまり購入するときにかかる販売手数料がゼロという特徴もある。また、信託報酬(投資信託を保有していることにより発生する費用)についても、たとえば「国内株式のインデックス投信の場合では0.5%以下」というように、非常に低い水準になるように制限されている。これによって、長期で積み立てる場合にかかる手数料コストを低く抑えることができる。

一般的な投資信託の中には、信託契約期間があらかじめ決まっていて、損失が出ていても償還日に運用を終了しなければならないものもあるが、つみたてNISAの投資対象商品については、信託契約期間が無期限または20年以上となっているので安心だ。

さらに、分配金が頻繁に出ないということも重要なメリットだ。分配金が毎月支払われると得した気分になるかもしれないが、長期投資においては、分配金が頻繁に出るとそのぶん複利効果が望めなくなるため、資産形成には向いていないのである。

適切に分散投資ができる

投資を行ううえで「分散投資」は大切だと言われているが、投資初心者が実際に資産を分散させて投資するのは意外と難しい。また、株式投資の場合、一つの銘柄を購入するには少なくとも数十万円から数百万円かかるので、いち個人で複数の銘柄を持つためには、それなりの元手が必要になる。

また、分散投資を行うためには、それなりの知識も必要になる。例えば、車好きだからといってトヨタやホンダや日産の株を買っても、これは分散投資にはならない。何故なら、いずれも同じ業種の銘柄であり、業界全体の業績が悪くなればどの銘柄の株価も一緒に下落する可能性が高いからだ。

その点、つみたてNISAで扱う投資信託は、インデックスファンドが主体となっている。インデックスファンドとは、「日経平均株価」や「TOPIX」などの市場平均(ベンチマーク)と同じような動きをする運用を目指すファンドのことである。日経平均株価は、東証1部上場銘柄の中の主要225銘柄で構成されているほか、TOPIXは東証1部上場の全銘柄で構成されている。つまり、TOPIX連動型のインデックスファンドを購入すれば、東証1部の全上場銘柄に分散投資しているのと同じ効果が得られるのである。国内株式だけでなく、海外の債券・株式のベンチマークに連動する投資信託もあり、これらを毎月数千円から購入することができるのだ。

積立投資で時間分散が自動的に行える

投資においては「いつ買うか」はとても重要な要素だが、つみたてNISAでは、その名のとおり毎月一定額を積み立てる仕組みになっている。この「積立投資」こそ、初心者には格好の投資手法なのである。

積立投資のメリットは、最初に大きな元手資金を必要としない点である。毎月2万円など、貯金と同じ感覚で投資信託を購入することができる。

また、積立投資では、長期にわたって積み立てを継続することで「時間分散」の効果が得られる。例えば、投資信託の価格が高いときにその商品を一気に買ってしまうと、価格が暴落した場合は大きな損失が出るが、毎月少額ずつ買うことによりいわゆる高値掴みのリスクを減らすことができるのだ。

同じ投資信託を毎月定額で買うということは、「高いときには少なく、安いときには多く」という買い方を自動的に行うことになる。例えば毎月10万円を積み立てる場合、一口あたりの価格が2万円のときは10万円÷2万円=5口しか買えないが、価格が5,000円に下がると10万円÷5,000円=20口も買うことができるのだ。

投資初心者だからこそ「つみたてNISA」の利用を!

つみたてNISAは、長期の積立による分散投資に非常に適した投資信託が選ばれており、毎月積み立てることで自動的に時間分散が図れることなどから、投資の初心者には最適な仕組みとなっている。

「資産運用は難しそうだから、勉強してから始めよう」と躊躇せずに、投資の第一歩としてつみたてNISAを是非利用してみてはいかがだろうか。(提供:確定拠出年金スタートクラブ


【オススメ記事 確定拠出年金スタートクラブ】
主婦はiDeCo(個人型確定拠出年金)で節税できるの?
転職したとき! 退職したとき! 個人型確定拠出年金(iDeCo)はどうすればいい?
2018年は「つみたて元年」 積立投資のメリットを知ろう!
外貨での資産運用! 「円高」と「円安」ですべき事
つみたてNISA制度の開始はいつから?どうやって使えばいいの?