「上司に一目置かれる存在」になるには、どうすれば良いのか--多少なりとも出世の野望を抱く者なら、必ず思いを巡らせたことがあるはずだ。

「オマハの賢人」ウォーレン・バフェット氏が讃える3つの要素、ジェフ・ベゾス氏が知性よりも重視する能力、自社の全従業員を自ら面接したイーロン・マスク氏が掲げる企業理念などから、「トップ従業員」の特徴が見えてくるかもしれない。

出世,億万長者,上司
(画像=GettyImages)

ジェフ・ベゾス--正確な判断能力

2013年、CNBCの取材 によると、リーダーシップを発揮するような地位に昇格させる人物に求めるのは「知性ではなく 正確な判断能力 」とベゾス氏は答えた。

ビジネスでは 「賢い」よりも「正しい」方が利益を生む。ベゾス氏いわく「賢い人でも間違いを沢山おかすことはある」。

頭の回転が早かったり、博識の人が、かならずしも最大の成功を収めるとは限らない。大きな成功を収めるのは、「最高の成果を上げ、難しい決断から正解を引き出すことに専念できる人」というのがベゾス氏の見解だ(CNBC2017年11月6日付記事 )。

マーク・キューバン--上司のストレス軽減に役立つ「3W戦略」

NBAチーム「Dallas Mavericks」のオーナー、起業家、投資家など様々な顔を持つビリオネア、マーク・キューバン氏は、自分にとってのトップ従業員は「機転が利いてやる気に溢れ、学ぶ能力に優れているだけではない」という。キューバン氏が一目置く従業員は、「上司のストレスを減らすコツを心得ている」と語る。

環境経済学者のジョージ・ハルコス教授 が425人の労働者を対象に実施した調査では、ストレスが原因で生産性が低下し、米ビジネスは年間3000億ドルもの損失を被っていると報告されている。

キューバン氏いわく、自分のことを「仕事ができる人」と思いこんでいる従業員ほど、大騒ぎして物事を難しくするなど「最大のストレスの種」となる傾向がある。

せっかくのやる気や努力が空回りしないために、上司から最大限の評価を受けるために、同氏が提案するのは「3W」戦略だ。これは「自分が今何をしているのか・なぜそれをしているのか・いつそれが完了するのか」という、3つのWで始まる文章を指す。

この3つを必ず上司に伝えておくことが上司のストレス軽減に役立ち、評価につながるそうだ(CNBC2018年6月25日付記事)。

ウォーレン・バフェット--誠実さ・理解力・やる気

「オマハの賢人」バフェット氏は、偉大な投資家である上に、類まれなビジネスセンスとマネジャーとしての才能に恵まれている。

バフェット氏が従業員に求めるのは「誠実さ・理解力・やる気」。1998年、カリフォルニア大学でMBA在籍生を相手に講演した際、この3つの要素が非常に重要であると説いた。

この時バフェット氏は、生徒にあるゲームを持ちかけ 。生徒はバフェット氏に雇われたという想定で、24時間以内にクラスメートの1人を選ぶ。選んだクラスメートの将来の所得から、10%を生涯受け取ることができる。つまり、将来的に最も稼ぎが大きい出世しそうな人物を推測し、クラスから1人だけ選出するというゲームだ。

実際にゲームが行われたわけではなく、生徒に頭の中で想像する機会を与える意図の提案だったが、バフェット氏は選出の基準が「クラスで最も成績がいいという理由にはならないだろう」と述べた。また成績が悪いなどの理由で、その生徒が将来出世しないとも言い切れないとし、「出世しないのは、組織の中で自分の個性をアピールしきれなかった人」と付け加えた。

同氏率いるバークシャー・ハサウェイは、前述した3つの要素で 雇用を決めるそうだ。「自分の本質を変えることは難しいが、考え方や行動を変えることは可能だ」という言葉がポジティブな力を与えてくれる(ビジネス・インサイダー2017年1月4日付記事 )。

イーロン・マスク--ポジティブ思考、一緒に働きやすい人格

TeslaやSpace XのCEOとして精力的に活動するマスク氏は、「従業員の職場における態度」を重視する。

ビジネス・インサイダー2013年1月16日の記事によると、マスク氏は当時500人在籍していたSpaceXの全従業員を自ら面接したという。従業員に求める要素は役割によって異なる。例えば、ハードウェアを組み立てる職に、優れた分析能力は必ずしも必要ない。

しかしどんな役割に雇用するにしても、「ポジティブ思考の持ち主か」「一緒に働きやすい人格か」は考慮するそうだ。

Space Xは厳格に「いやなやつはいらない」を企業理念に掲げており、社内の風紀を乱す従業員は警告を受けた後、改善が見られなければ解雇される。

ビジネスの能力から職場環境作りまで、マルチな能力を発揮できる人物は、上司からだけではなく仕事仲間や取引先からも一目を置かれる。「これほど頑張っているのに仕事を評価してもらえない」と不満を口にする前に、自分に改善すべき点がないか、一度見直してみてはどうだろう。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)