「結婚にかかるお金」というと、結婚式や披露宴の予算に注目する人が多いのではないでしょうか。しかし、他にも結婚するにあたってかかるお金はたくさんあります。結婚は、人生においてとても大切なイベント。だからこそ、途中で予算不足になったり、貯蓄を使い尽くして新婚生活が苦しくなったりすることのないよう、あらかじめ予備知識を備えておきましょう。

結婚にはこれだけお金がかかる、費用の平均内訳

family
(写真=PIXTA)

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、結婚に関する収支の内訳の平均は、次のとおりです。

<支出> <収入>
挙式・披露宴 355万円 ご祝儀 230万円
結婚式 18万円 援助 190万円
両家顔合わせ 6万円 【収入合計】 420万円
婚約指輪 35万円 準備すべき金額
90万円
結婚指輪(2人分) 24万円
新婚旅行 60万円
旅行土産 11万円
【支出合計】 509万円

結婚費用の総額の平均は約509万円です。大きな金額に見えますが、ご祝儀をいただくこともできます。ご祝儀の平均総額は約230万円です。また、約8割のカップルが、親や親族からの援助を受けており、援助の総額の平均は約190万円です。

自分たちで結婚関係の準備をすべてできればいいのですが、お金が貯まっていない、授かり婚などで思った以上に早く結婚しなければいけなくなったなど、何らかの理由で両家の親に相談するという人もいるということです。

まずは確認したい「婚約指輪」や「結婚指輪」

最近では結婚指輪があるので婚約指輪をもらわないという人もいます。一方で、婚約指輪を贈られる場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか。月給の3倍だと言われる場合もありますが、上記の調査で見ると婚約指輪は大体35万円が目安になるようです。加えて、結婚指輪は2人で24万円。よく言われる月給の3倍とは異なるのが現状のようです。

なお、婚約指輪や結婚指輪はデザインや品質などにより金額が大きく変わってきます。結婚のスタートともいえる婚約指輪で無理をして高価なものを買った結果、その後の費用が足りなくなる場合もあります。どの部分にお金をかけたいのか、優先順位をつけることが肝心です。

両家へのご挨拶にかかる費用は

結納の前にはご両親のもとにご挨拶に行く場面もあるでしょう。相手のご両親の元へご挨拶に行くときには手土産を準備するものですが、その相場は3,000円程度です(「みんなのウェディング」調べ)。ご両親が好きなものを事前に準備しておきましょう。部屋に通されたら、紙袋から出して「お好きとうかがっております」など、一言添えながら両手で渡します。紙袋は持ち帰るのがマナーです。風呂敷に包んでいく場合は、渡す直前に風呂敷から出しましょう。

ご挨拶当日の服装は、ワンピースやスーツがおすすめです。ハンカチはタオルハンカチではなく、ひざにもかけられるように大判のものを持っていきましょう。長い髪はまとめ、アクセサリーはパールや小粒のものにし、メイクはナチュラルに。自分をアピールすることよりも、ご両親に好感を持ってもらうことを目指すと、良い関係の基礎を築くことができます。

アクセサリーの中でも婚約指輪は悩みどころです。ご挨拶の場でつけているとご両親も喜んでくれそうですが、それはご両親が結婚そのものを喜んでいることが前提です。ご両親が結婚に難色を示している場合や反応がわからない場合は、許しを得てから披露すると好感を持ってもらうことができるでしょう。

ところで、結納っていくらかかるの?

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によれば、結納を行った場合、前述の結納式の金額の他に費用がかかります。結納式の費用を含めると合計で約183万円かかります。

結納式 18万円
結納金 91万円
結納品 14万円
結納返し(現金・品物) 60万円
合計 183万円

最近は、結納ではなく、食事会を行うなど、手続きを簡略化するカップルが約8割を占めています。食事会にかかる費用の平均は約6万円です。

費用の面で考えると食事会を選択するカップルが増えていますが、結納をするかしないかは地域のしきたりやそれぞれの家族の考え方などにもよるため、お互いの関係者に相談をして決めましょう。

結婚はお金がかかる だからこそ、みんなにとってよいものに

このように結婚は挙式や新婚旅行、新居などの費用がクローズアップされがちですが、婚約指輪や結婚指輪に加えてご両親へのご挨拶、結納など、さまざまな費用がかかります。結婚したいと思ったときにお金がない!と慌てることのないように、早め早めにパートナーと計画をしておくのがよいでしょう。

今はパートナーがいないという人も、いつパートナーに出会うかはわかりません。少しずつでもいいのでコツコツと貯めておくようにしましょう。(提供:iDeCo online

【オススメ記事 iDeCo online】
iDeCo加入年齢の勘違い!?50代からでもお得です
確定拠出年金で選べる金融・投資商品はどんなものがあるのか
iDeCo(イデコ)で失敗しないために。金融機関を徹底比較
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」はどんな点にメリットがある?
個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の注意点と賢い使い方は?