「なかなかオーナー社長を開拓できない…」

営業を行う金融アドバイザーであれば、誰しもがこうした悩みを感じたことがあるだろう。野村證券で数々の営業記録を樹立し、最年少で本社PBに異動、プライベートバンカーとして超富裕層ビジネスに携わり、『鬼速PDCA』『営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて』の著書でもあるZUU代表 冨田に「オーナー社長を開拓する9つの切り口」の極意を聞いた。(聞き手:元野村證券のZUU online編集部 菅野陽平)

目次

  1. 一部公開(約5分)
  2. 全編(約42分)
  3. 法人(オーナー社長)をあたるべき理由
  4. (1)事業承継
  5. (2)為替
  6. (3)資金調達
  7. (4)節税対策
  8. (5)不動産
  9. (6)資産管理会社
  10. (7)内部留保
  11. (8)福利厚生
  12. (9)非金融サービス

一部公開(約5分)

★以下に音声データ全編と文字起こしがあります★