「帝国データバンクや東京商工リサーチの読み解き方がイマイチよく分からない…」

こうした悩みを感じている金融アドバイザーもいるかもしれない。野村證券で数々の営業記録を樹立し、最年少で本社PBに異動、プライベートバンカーとして超富裕層ビジネスに携わり、『鬼速PDCA』『営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて』の著者でもあるZUU代表 冨田に、企業例や代表者例を見ながら「帝国データバンクや東京商工リサーチを読み解く9つのポイント」を聞いた。(聞き手:元野村證券のZUU online編集部 菅野陽平)

目次

  1. 企業情報(例)
  2. (1)業歴・業務内容
  3. (2)資本金
  4. (3)代表者・役員
  5. (4)大株主
  6. (5)取引銀行
  7. (6)業績
  8. (7)相続税額の目星をつける
  9. (8)情報収集後の切り出し方
  10. (9)仕入先・販売先
冨田 和成
神奈川県出身。一橋大学在学中にIT分野にて起業。2006年大学卒業後、野村證券株式会社に入社。新人時代は220件のオーナー社長を開拓し、同期トップになる。2年目以降は優良対象先に特化し、3年半で300件のオーナー社長を開拓。3年目終了時、7年目までの全セールスで営業成績トップに。史上最年少で本社の富裕層向けプライベートバンキングへ異動。シンガポールマネジメント大学でウェルスマネジメント、イエール大学でオルタナティブ投資のビジネススクールに通い、卒業後はASEAN地域の経営戦略担当等に従事。2013年3月に野村證券を退職。同年4月に株式会社ZUUを設立し代表取締役に就任。2018年6月マザーズ上場。

企業情報(例)

  • 所在地:○○県○○市○ー○ー○
  • 代表者:ZUU勇介
  • 電話番号:○○ー○○○○ー○○○○
  • 設立:1976年5月
  • 創業:1968年10月
  • 主業種名:普通洗濯業
  • 営業科目:一般クリーニング
  • 資本金:36,000千円
  • 従業員:66名
  
決算年月 売上高(単位:千円) 利益金(単位:千円) 資本構成
2017年9月 1,820,000 4,250 N.A
2016年9月 1,824,216 10,321 N.A
2015年9月 1,810,200 28,000 N.A
2014年9月 1,810,000 30,000 N.A
取引銀行
A信金(○○市)、メガバンクB(○○区)、メガバンクC(○○区)
役員名
(代長)ZUU太郎、(取)冨田久美子、(監)ZUU次郎
大株主
ZUU勇介、ZUU花子、社員持株制度
仕入先
○○産業、○○油脂、○○商事
販売先
一般顧客
事業概況
○○年余りの業歴を有するクリーニング業で、27事業所と6向上で営業、展開しており、2018年9月期は新店も増加する予定
経営者情報
氏名:ZUU勇介
生年月日:1944年○月○日生(男)
現住所:東京都○○区○○ー○○ー○○
出身地:長野県
趣味:ゴルフ、釣り
就任日:2017年10月
出身校:記載なし
卒業年:記載なし
更新日:2018年10月5日

(1)業歴・業務内容

私は何千社、もしかしたら1万社以上の帝国データバンクと会社を照らし合わせてきたし、飛びこんで会えた社長の帝国データバンクを徹底的に調べつくして、また話して、仮説検証を繰り返してきた。そうすると、外部情報を見ただけで「こんな人なんだろうな」というのが分かってくる。場合によっては、10回くらい通って話している担当者よりも、私がぱっと外部情報を見て仮説を立てたほうが、精度が高いかもしれない。全体として仮説のイメージを理解してもらうように、少し割り切ったり、言い切っていたりする表現が多いかもしれない。分かりやすさを重視しているので、その点はご了承頂きたい。