エン・ジャパンは10月31日、「転職に伴う年収変化」に関する調査結果を発表した。調査は今年8月~9月に実施。同社運営の「ミドルの転職」を利用している転職経験のある35歳以上の907人から回答を得た。

35歳以上の転職経験があるミドルに「転職後に年収の変化はあったか」を聞くと、半数以上が「年収が上がった」(52%)と答えた。

年収を上げるために意識したことは「経験が活かせるポジションであること」が最多

man
(画像=キャリコネニュース)

「年収が上がった」と回答した人に前職から何が変わったかを聞くと、83%が「基本給」、49%が「賞与額」と回答。一方、「年収が下がった」人(32%)は62%が「賞与額」、30%が「福利厚生・諸手当」と答えた。

具体的な年収の変動額は、上り幅・下がり幅いずれも、「100~149万円」(上がった人:29%、下がった人では19%)が最多だった。しかし下がった人の中には「500万円以上」という人も9%いた。

年収が上がった人に「年収を上げるために転職時に意識したこと」を聞くと、1位は「経験が活かせるポジションであること」(60%)で、以降「将来性がある企業・業界であること」(37%)、「スカウトオファーから選ぶ」(23%)、以降「年収交渉が可能な企業であること」(19%)、「管理職募集であること」(17%)と続く。

「年収を上げるために必要な能力は何か」も聞いた。コンセプチュアルスキルでは上位3つが「定義化(物事の本質をつかみ言葉で表わす)」(53%)、「類推(物事の核心をとらえ他に適用する)」(45%)、「意味化(ビジョンを描く)」(43%)だった。

ヒューマンスキルでは「コミュニケーション能力」(76%)、「リーダーシップ(統率力、調整力)」(64%)、「プレゼンテーションスキル(提案力)」(46%)、テクニカルスキルでは 「業務経験」(66%)、「専門知識」(64%)、「語学力」(42%)となった。(提供=キャリコネニュース)


【関連記事 キャリコネニュース】
35歳以上の「ミドル転職者」の失敗あるある 「前職の仕事のやり方を持ち込む」「今の会社を悪く言う」
35歳以上のミドル層が転職で希望通りの年収になる可能性は50%未満? 「横ばい~50万円上昇」が多い模様
35歳以上のミドル層の半数が転職時に「家族の反対」経験 年収ダウンで嫁ブロック発動が多数
ミドル世代の転職理由1位「給与の不満」2位「会社の将来性」 女性からは「雇用形態を変えたい」との声も
中小企業で「一定のキャリアを積んだミドル人材」の人気高まる でもホントのところは?