「ビットコインキャッシュ」は、時価総額が5本の指に入る代表格とも言える仮想通貨だ。ビットコインキャッシュはどのようにして生まれたのだろうか。またビットコインと比べて送金時間、流動性などはどう違うのだろうか。

ビットコインキャッシュの歴史

ビットコイン, キャッシュ
(画像=PIXTA)

ビットコインキャッシュはその名称からも分かるように、ビットコインと切っても切れない深い関係がある。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨だ。ハードフォークとは「通貨分裂」や「通貨分既」などと呼ばれるもので、簡単に言えば、もともと存在した仮想通貨(この場合はビットコイン)がルールを変えた新仕様の仮想通貨(この場合はビットコインキャッシュ)に分かれることを指す。

ビットコインがスタートしたのは2009年1月で、ビットコインキャッシュがハードフォークによって誕生したのは2017年8月のことだ。ビットコインの8年半後に誕生した新しい仮想通貨ということになる。

ビットコインキャッシュのハードフォークが起こったのは、仮想通貨の取引が世界的に増加したことがきっかけだ。送金・取引完了にかかる時間が長くなってきたことで、ハードフォークすることになった。

処理速度を改善する方法をめぐり、ビットコイン関係者の間で議論は分かれた。具体的には、既存ソフトウェアを改良することで解決を目指す派閥と、ビットコインの基幹技術「ブロックチェーン技術」における「ブロック」の容量を大きくすることを目指す派閥との間で対立が起こったのだ。前者はビットコインの開発者グループ、後者は仮想通貨取引の承認などによって報酬を得ているマイナー(採掘者)が中心だった。

この両者の対立が顕在化したことから、一時は日本国内でもビットコインの信頼性に関する懸念が広がり、仮想通貨取引所がビットコインの入出金と決済を一時中止するなどの影響が出た。

そして2017年8月1日にハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュが誕生した。ビットコインと同じ数量分のビットコインキャッシュが生成され、ビットコインの保有者に無償で配布された。

他の仮想通貨でもハードフォークは起こっていたが、ビットコインのハードフォークは初めてだった。ビットコインのハードフォークはその後にもあり、2017年10月には「ビットコインゴールド」、11月には「ビットコインダイヤモンド」が誕生している。今後もビットコインのハードフォークで、「ビットコイン」の名称が付いた新たな仮想通貨が誕生する可能性はある。

ビットコインキャッシュの時価総額について

次に、ビットコインキャッシュの時価総額について説明しよう。

仮想通貨の時価総額は、「仮想通貨1単位当たりの時価」に「仮想通貨の供給量」を乗じて計算される。仮想通貨はレートも供給量も常に変化しているため、時価総額も常に変動している。仮想通貨情報サイト「コイン・マーケット・キャップ」が公表している数字を参考に、実際にビットコインキャッシュの時価総額を計算してみよう。

2018年10月20日時点で、ビットコインキャッシュ(BCH)は1BCH=440ドルほどで取引されており、供給量は1,700万BCHほどだ。取引価格と供給量を乗じると74億8,000万ドルとなり、この数字がビットコインキャッシュの時価総額となる。この日のレートで日本円に換算すると、約8,400億円となる。

この価格をビットコインと比べてみよう。ビットコイン(BTC)は10月、1BTC当たり6,500ドルほどで取引されていた。供給量は1,700万BTCほどなので、時価総額は1,100億ドル(約12兆円)だ。ビットコインキャッシュと比べると、実に15倍以上もあることが分かる。

ちなみにビットコインの時価総額は10月20日時点で、全仮想通貨の中で最も高く、ビットコインキャッシュは、仮想通貨技術を活用した資金調達「ICO」でも活用されるイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)に続く4番目となっている。ビットコインキャッシュは、ハードフォークから1年以上が経っても、仮想通貨市場で存在感を維持し続けている主要な仮想通貨の一つであることが分かる。

ビットコインキャッシュのレート変動について

ビットコインキャッシュは2017年8月1日の誕生直後、1BCH当たり300ドルほどで取引されていたが、その3週間後には1BCH当たり900ドルほどにまで急騰した。その後はしばらく下落が続いたが、誕生から3ヵ月経った11月ごろから急速に値上がりし、12月中旬には1BCH=4,000ドルに到達した。

その後は、中長期的に見ると右肩下がりになっている。とはいえ、誕生から1年後の2018年8月には1BCHが700ドル弱となり、誕生時と比べ2倍以上となっている。10月になるとさらにレートは下落し、1BCT当たり440ドルほどになったが、ビットコインキャッシュが誕生した頃と比べれば、まだ1.5倍ほどのレートである。

ビットコインキャッシュとビットコインの値動きには、類似性がある。ビットコインもビットコインキャッシュと同様、2017年12月に過去最高値までレートが上昇した。その後は一時急激に値を下げた後、下落もしくは横ばいの状態が続いている。

ハードフォークが起きた2017月8月1日、ビットコインの取引価格は1BTC=2,700ドルほどだったが、2018年10月に1BTCは6,500ドルほどで取引されている。つまり、ビットコインの価値は2倍以上になっているのだ。ビットコインキャッシュの約1.5倍に比べると、ビットコインのほうが値上がり率が大きいことが分かる。

ビットコインキャッシュの送金に掛かる時間について

売買処理、つまり送金にかかる時間が長くなったことが、ハードフォークの原因だったことは既に説明した。そもそも、売買処理に時間がかかる要因には、取引記録を書き込む「ブロック」の容量があった。

ビットコインのブロック1単位当たりの容量が1メガバイトであるのに対し、ハードフォークで誕生したビットコインキャッシュのブロック1単位当たり容量は8メガバイトだ。さらに、2018年5月にはそのブロックサイズを32メガバイトまで拡大している。ビットコインよりビットコインキャッシュのほうが送金時間が短く済む理由は、この容量の差である。

送金時間は仮想通貨の取引量によって異なるが、ビットコインキャッシュは5~10分、ビットコインは10~20分程度と言われている。送金時間だけを見れば、ビットコインキャッシュのほうが利便性が高い。

ただし他の通貨に比べれば、ビットコインキャッシュが際立って送金時間が短いというわけではない。たとえば、イーサリアムやリップルはビットコインキャッシュよりも送金時間が短いとされている。特にリップルは10秒以内で済むことが一般的と言われ、ビットコインキャッシュよりもはるかに時間が短い。

ビットコインキャッシュの流動性について

ビットコインキャッシュは、ハードフォークの際にビットコインの供給量と同じ量が生成、配布された。売買取引も盛んで、流動性は高いと言っていいだろう。

一方で、実店舗での実用性については大きな違いがある。ビットコインの場合は日本国内の家電量販店や百貨店などで支払いに使えるケースが増えているが、ビットコインキャッシュはまだまだ普及していない。

ビットコインで支払いが可能な実店舗は今後も増えるとの見方もあるが、ビットコインキャッシュについては実店舗で使えるようになったとの報道が聞こえてこないのが現状だ。仮想通貨を使って商品を購入しようと考えているのであれば、ビットコインのほうが使い勝手が良いと言えるだろう。

ビットコインキャッシュが対応している仮想通貨取引所について

歴史が古いビットコインに対応している仮想通貨取引所は多いが、ビットコインキャッシュも負けていない。日本国内に拠点を置く仮想通貨取引所でも、海外の仮想通貨取引所でも、その多くがビットコインキャッシュを取り扱うようになってきた。

どこの仮想通貨取引所でビットコインキャッシュの売買取引を行うかは、取引所ごとに定められた手数料やシステムの使いやすさ、その仮想通貨取引所のセキュリティの信頼度などを比較して決めるといいだろう。

まだまだ仮想通貨業界は黎明期・変革期

仮想通貨による技術革新は、まだまだ進むだろう。一方、新たな仮想通貨の誕生で現在の各仮想通貨のシェアが変動していくことも予想される。これは、ビットコインキャッシュにも言えることだ。

仮想通貨取引所から顧客資産が流出する事件も多発している。ビットコインキャッシュを保有しようと考えるのであれば、仮想通貨業界におけるセキュリティに関する情報なども幅広く収集しながら購入・売買・保有する必要があるだろう。(ZUU online 編集部)

実際に仮想通貨投資を始めてみる

東証一部上場企業のGMOインターネットグループ、金融業界で培った信頼と豊富な実績
>>GMOコインの口座開設はこちら

仮想通貨の購入/売却手数料が無料、送金/受金も無料は、
>>ビットポイントの口座開設はこちら

仮想通貨アルトコインの投資なら
>>bitbankの口座開設はこちら

堅牢なセキュリティはもちろん、52種類の通貨ペアを提供している
>>QUOINEXの口座開設はこちら

出入金と現物手数料が無料な
>>DMM Bitcoinの口座開設はこちら