変動相場制移行後のドル・円相場の高値が、約8年サイクル(1974年・1982年・1990年・1998年・2007年)で起きる現象。