株式先物取引や株価指数オプション取引の最終決済を行うための清算指数。最終清算指数、SQ値(Special Quotation)あるいは単にSQとも呼ばれる。3、6、9、12月の株価指数先物とオプション取引のSQがメジャーSQで、それ以外の月のオプション取引のSQがミニSQと呼ばれることもある。期限満了になると、株価指数先物取引、株価指数オプション取引が清算指数で清算されるという「SQ」の仕組みを利用したものとして裁定取引がある。