2018年11月10日(土)に、都内にて金融パーソン向けのイベントが開催された。第1部は武蔵コーポレーション代表取締役 大谷義武 氏の講演をお届けする。(編集構成:ZUU online 編集部 菅野陽平)

「大手金融機関で出世する人」と「会社の名刺がなくても稼げる人」の特徴とは? 武蔵コーポレーション大谷社長(前編)
(ZUU online)
大谷 義武(おおや・よしたけ)
武蔵コーポレーション株式会社代表取締役。昭和50年、埼玉県熊谷市生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井不動産株式会社入社。オフィスビルの用地取得及びテナントリーシング、商業施設の開発・運営や証券化の業務に携わり、不動産業界の上流から下流まで広く精通する。平成17年12月、さいたま市において武蔵コーポレーション株式会社を設立。丸の内に本社を構え、一棟もの収益不動産の売買・仲介・リノベーション、賃貸管理に特化した事業を展開。

みなさんは大企業のご出身で、しかも金融関係ということで、私の大学を卒業して働いた経験はというと、実は三井不動産で6年しか働いていません。三井不動産の方はいませんよね。いると話がしにくいですよね(笑)

我々の会社は売上高が110億円で従業員が150人くらいですが、金融機関出身の人がすごく多いです。正社員が約100人いて、そのうちの中途採用が30人くらい。その約半分の16人が銀行からの採用になります。後ほど、お話ししますけど、三菱銀行や三井住友銀行あとはりそな銀行になり、ほぼメガバンクですね。あとは地方銀行、信用金庫が続きまして、残りは生命保険、証券会社になります。どうして、このように金融機関出身の人が多いのかについて、これからお話しさせていただければと思います。

大谷社長の生い立ち~不動産には悪いイメージしかなかった~

簡単に自己紹介をしますと、私は東京大学の経済学部を平成11年に卒業しました。当時、いわゆる体育会系のテニス部に所属していたので、部活をしていますと、就職活動なんてまったくしません。OBのコネでどうやって入るか、それだけしか考えていませんでした(笑)それでも大学4年生の4月になったとき、就職活動に力を入れようかなと思いました。

僕は就職できたらどこでも良いと考えていまして、できれば金融機関に行きたかった。日本興業銀行に内定をもらって行くつもりでした。しかし母親が「あなただめよ。銀行なんかに行ったら、大変!」と言うわけですよ。「私の友達で良い人がいるから。その人は家を3回も建て替えて優雅な生活をしているの。三井不動産っていう会社なのよ。あなた、三井不動産受けなさいよ!」と言われました。

三井不動産という会社を知りませんでした。僕の不動産会社に対するイメージは地上げとか、脅しとか、だましとか、こういう悪いイメージしかなかった。だから僕はどちらかというと、国際金融の舞台で働くと母親に言いましたが、いいから行ってみなさいと言い返され、三井不動産に面接に行きました。2~3回面接をすると内定が決まり、囲い部屋に入らされました。そして、今から内定をもらっているところに全部電話をしなさいと言われ、東京海上に電話して、野村證券に電話して、日本興業銀行に電話して、他に内定が決まっていた会社を断り、三井不動産に内定が決まりました。このような経緯で入社したので、何がやりたいかとか、特になかったですね。とにかく楽で給料が高い、これだけで入社しましたが、やはり、ちょっと違和感を感じるところがありました。