2018年11月10日(土)に、武蔵コーポレーション本社にて金融パーソン向けのイベントが開催された。第2部は武蔵社員とZUU社員のパネルディスカッションをお届けする。(編集構成:ZUU online 編集部 菅野陽平)

金融セールスが転職市場で評価される3つのポイント 迷ったら「やりたいこと」と「やりたくないこと」を明確に
(ZUU online)

司会:続きまして、第2部に移りたいと思います。第2部はパネルディスカッションのパートでございます。実際に、弊社ZUUでも金融機関出身の人間がいますので、武蔵コーポレーション様にもいらっしゃる金融機関の出身の方々をお招きしております。今は大企業を辞めていて、実際にどういうところが変わったのか、そもそもどういうことを考えて、辞めることを決断したのか、そういったところを深掘りしていけるような場にしていきたいなと思っております。では簡単に一言ずつ自己紹介をお願いしてもよろしいでしょうか?

光川:はじめまして、みなさんこんにちは。光川(みつかわ)と申します。今年で25歳になり社会人3年目です。前職が日本政策金融公庫という金融機関で法人営業をしておりました。今年の1月に武蔵コーポレーションに入社いたしまして、現在はマーケティングチームでインサイドセールス(内勤型営業)の立ち上げに関わらせていただいております。本日はよろしくお願いいたします。

藤森:こんにちは。藤森と申します。今は武蔵コーポレーションの横浜支店で支店長をやらさせていただいてます。前職は三井住友銀行でございまして、そちらで12年間法人の営業をやっておりました。武蔵コーポレーションとの縁をお話しますと、実は、僕はもともと武蔵コーポレーションのお客様でした。物件を持たせてもらっていたことがきっかけで、武蔵コーポレーションを知りました。その後、会社の社風や理念であるとか、そのところに共感して転職したという経緯ですので、ざっくばらんに色々お話しできればと思います。よろしくお願いします。

小野寺:こんにちは。今年の1月に入社しました、小野寺と申します。前職は、先ほどの藤森と同じく三井住友銀行で4年間勤めておりました。個人営業を2年間、それから法人営業を2年間しておりました。ちょうど前職の先輩もこちらにいらっしゃって、色々言いづらいことはありますが、そちらは個別でお話しできればと思います。今日は前職のときに感じたことと、今転職して感じていることを率直にお話しできればと思います。よろしくお願いします。

影山:こんにちは、株式会社ZUUの影山と申します。私もみなさまと同じように野村證券、つまり金融機関で働いておりまして、2年前にZUUに転職をいたしました。ZUUに入ってからは、転職のエージェント事業を立ち上げまして、現在、年間で600名~700名ぐらいの金融人材の方々とお話しながら、キャリアのご支援をしております。直近は、新規事業の立ち上げ部門に配属になって動いていますが、今日はざっくばらんに前職を辞めた理由などについて、お話しできたらなと思います。よろしくお願いします。

司会:はい、みなさんありがとうございました。ここからはですね、実際にこのパネルディスカッションという形で、みなさま含め、色々とお伺いできたらなと思います。先ほどの大谷社長のお話のときは最後にまとめて質問コーナーをとらせていただいたのですけれども、こちらのパネルディスカッションは本当にカジュアルに色々とお話しできればなと思っています。

例えばお話の合間に「あっ、ちょっと今のところ気になるんですけど……」とか、疑問点などがありましたら、言っていただいて大丈夫な場になっています。聞きたいことを色々と聞いていける場にしていただけたらなと思います。

最初はどこから話し始めようかと考えましたが、弊社から影山が登壇させていただいておりまして、私もそうなんですけれども、彼も金融業界にお勤めの方にキャリアのご支援ということをやっているんですね。いろんな金融業界にお勤めの方と話している経験があります。このようなことから、営業職に限らなくても大丈夫ですけれども、そういった方々の疑問点について「例えば一般的にどういった評価をされてるのか?」や、悩みや疑問点の出し方について、聞いてみてから、色々とお話しできるのかなと思います。

金融機関以外でキャリアを作っていくときに求められる3つのポイントとは