職場で自分をよく見せようとして空回ったり、中身が伴っていないのに威勢のいい発言をしたりする人は「意識高い系」と言われ、周りから疎んじられることがある。キャリコネニュース読者から寄せられた、職場を振り回す意識高い系のエピソードを紹介する。

クリエイティブ職に従事する40代女性は、自己顕示欲が高い社員を苦々しく思っている。納期が迫った忙しい時期に、若手に向けて「勉強会」と称した自己アピールイベントを開いている。参加はもちろん強制だ。彼女は、

「日経新聞をわざわざデスクで広げて読む。(付けられた本人が嫌がる、センスのない)ニックネームを定着させようとし、フレンドリーで親しみやすい先輩ぶる」

と不快感をあらわにした。

意識が高すぎて「無駄なことをしてお客様に迷惑かける。他人を巻き込まないで」

man
(画像=キャリコネニュース)

自分の出世だけを考え、スタンドプレーに走る人は反感を買いやすい。技術職の20代男性は「プロジェクトで上にアピールしたいが為に、『俺はほかと違うんです』をやたらと繰り返す」という人を挙げる。

「結果、無駄なことが多く、お客様に迷惑をかける事があります。意識高いのは良いけれども、他の人を巻き込まないで欲しいと思います」

迷惑を被ったクライアントから「取引を打ち切る」と言われたらどうするつもりなのだろう。「お前たちにやる気がなかったからだ」と発言する姿が目に浮かぶ。

他にも、「始業よりかなり早い時間に部門の全員でサービス早出で出社して、オフィスを自主的に掃除する活動をしようと主張」(40代男性、技術職)する人もいる、というコメントもあった。掃除をしたいなら一人でどうぞと言いたい。

自分が押し付けたことも、上手く行かなかったら「受け入れたお前が悪い」

意識高い系の中には、自分の価値観を人に押し付けてくる人も少なくはない。販売・サービス業に従事する40代男性は、

「意識高いのは結構ですが、『自分の物差し』が判断基準なので、周囲にソレを押し付け、(本人的に)結果が上手くまわらなければ『敢えてソレを受け入れた』相手を罵倒する(中略)完全にモラハラ……もしくはパワハラです」

と批判的なコメントを寄せた。自分が押し付けたことなのに、上手くいかなかったら「それを受け入れたお前が悪い」と言い切る精神がすごい。自分のパワハラを完全に正当化している。

この自己中な人は役職者のため、部下は命令に逆らえずにストレスで長期休職し、退職してしまったという。自身のパワハラに反省の色はなく、

「本人はその職員に謝罪するどころか、有休取って実家の稲刈り……ふざけるな、と言いたいです」

と男性は怒りを示した。本来、「意識が高い」とは褒め言葉であったはず。揶揄されてしまうようになったのは、一部このような人たちの所業ではないか。どれだけ過剰な発言をしても、能力が伴っていたらまた違ってくるのかもしれない。(提供=キャリコネニュース)


【関連記事 キャリコネニュース】
“意識高い系”をバカにする人々に藤田ニコルがピシャリ! 「みんなが大人になって温かい気持ちになれば全部解決するハナシ」
「IBM社員からアイドル」に異色の転身 収入激減しても「意識高い系だけが正解じゃない」
「スタートアップかぶれの求職者はゴミ」――匿名ダイアリーが物議、無駄に意識が高い人には要注意?
「休日返上ゴミ拾い」「ミスしたらマイク使って全員に謝罪」 職場の「嫌な決まりごと」に本当にウンザリ
「意識高い系」は、もはや死語? 努力家の同僚批判にネット「有能やんけ」「雑魚の嫉妬」と反論続出