会社側が決めた目標を達成した社員に、通常の給与とは別に支払う報奨金のことを「インセンティブ」という。自分の頑張りが頑張った分だけ給料に反映されるインセンティブは、社員のモチベーションを上げてくれる制度といえる。

企業口コミサイト「キャリコネ」には、「インセンティブ制度」を取り入れている企業で働く人々のリアルな声が寄せられている。

「早い人は入社2か月程度で手取り月収40・50万稼ぐ」

money
(画像=キャリコネニュース)

「商談本数と契約本数でインセンティブが発生し、基本給に上乗せされる『やればやるほど稼げる』システムです。早い人は、入社後2か月程度で月収手取り40~50万円稼ぐようになります。新入社員でも平均手取り35万程度はもらっていたような印象。勢いのある社員は月収150万稼いでいました」(営業 30代前半男性 正社員 年収650万円)

「1契約でも金額が大きいほどインセンティブが大きくなる。大型物件を契約すると今までに貰ったことのないインセンティブを貰える」(代理店営業 30代前半男性 正社員 年収1000万円)

「契約件数によって一定の役職まで上がれますし、インセンティブがあります。入社1年目からマンションを購入する新入社員もいます。成果を上げた時の達成感と、インセンティブで欲しいものを手に入れた時はやりがいを感じます」(代理店営業 20代後半女性 正社員 年収450万円)

「インセンティブ制度」で充実した報酬を手にし、豊かな生活を実感している声が寄せられた。「新入社員でも月平均35万円を稼ぐことができる」「入社1年目でマンションを購入する」など、基本給だけでは達成が難しいラインを軽々と越える人もいる。

制度に満足している口コミに共通していたのは、収入の高さだけでなく、「努力が認められる」「達成感を得られる」「やりがいを感じる」といった、仕事そのものに対する満足感が大きい点だ。自分が出した成果や利益がきちんと会社に認められ、評価され、収入に反映されるというわかりやすいシステムが、社員のモチベーションを高めている。

「多くても月5000円程度にしかならない」という声も

自分次第で収入を増やしていくことができるインセンティブだが、もちろん簡単に目標を達成できるわけではない。

「インセンティブの高さに伴い、商品を売り上げるにはとても苦労してしまう。お客様にたいして全然売れず、自分で買う社員もいる」(代理店営業 20代前半男性 正社員 年収500万円)

「インセンティブもあるが、あらゆる目標項目を達成しなければ満額もらうことができず、多くても月に5000円程度にしかならない」(法人営業 20代前半男性 正社員 年収450万円)

「商品を売ったり、その定期的なメンテナンス契約を新規で取るとインセンティブがもらえた。地方のサービスセンターでは本社から定期メンテナンス申し込みのFAXがくることがあり、インセンティブがもらえるためにそれだけを取っていってしまう社員がいて、やる気がなくなることがあった」(カスタマーサポート 40代後半 男性正社員 年収430万円)

「インセンティブ」は会社が定めた目標を達成した際に発生するため、いくら努力しても目標達成できなければ報酬は入ってこない。「インセンティブは高いが商品を売ることが難しい」「目標項目が多く満額達成できないなど」、厳しい現実を明かす口コミが寄せられた。なかには自腹で商品を購入する人もいるようだ。

やる気があり目標達成に向けて常に努力している人にとっては、評価がきちんと報酬に反映される「インセンティブ」はありがたい制度だ。誰もが希望通りに売り上げを出せるわけではない厳しい世界だが、自分の能力を試すためにもチャレンジする価値はあるだろう。

会社側は不正や抜け穴を厳しくチェックし、本当に目標に向かって動いている人や、正しい方法で利益を生み出した社員を見極めるべきだろう。(※参照元 キャリコネ)(提供=キャリコネニュース)


【関連記事 キャリコネニュース】
「ボーナスは小遣い程度」「車1台売ってもインセンティブ数千円」 これでやる気が出るとでも?モチベーションを下げる職場の数々
「最高数億円のインセンティブが期待できる」三菱UFJモルガン・スタンレー証券 金融系職種の年収が高い会社ランキング
「通勤手当」は諸悪の根源なのか? ちきりん氏の「廃止すべき」提言が物議
2位はJR東日本「ボーナスは年間約6か月分支給。出ないことはない」 運輸業界の年収ランキング最新版
中小企業の従業員の約7割が「月給額に不満」 給与決定に影響するのは「社長の主観的判断」と考える人が最多