目次

  1. なぜ税制改正大綱が重要なのか
  2. 2つある税制改正大綱
  3. どちらの税制改正大綱を重視すべきなのか
  4. 税制改正大綱で重視すべき部分
  5. 年内の税制改正大綱公表までの流れ
  6. 年明けの税制改正の流れ
  7. クライアントに対して
元野村證券PBの税理士が語る 金融セールスのための税制講座(5)「税制改正大綱の位置づけ」
(画像=ZUU)
佐野 比呂之
佐野 比呂之(さの・ひろゆき)
佐野比呂之税理士事務所、合同会社パープル・リングス代表。1998年、立教大学経済学部卒業。複数の中小税理士事務所に勤務。2006年、中央大学国際会計研究科修了MBA取得。税理士登録。2007年、税理士法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)入社(一時期、野村證券へ派遣)、主にオーナー企業向け税務顧問及び事業承継業務、国際相続案件に従事。2011年、野村證券株式会社にて上場・未上場企業オーナー向けプライベートバンキング業務に従事。2014年、佐野比呂之税理士事務所を開所。2015年、合同会社パープル・リングスを設立。税理士、行政書士、1級FP(CFP)、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、証券外務員一種(内部管理責任者)。

昨年12月14日に自民党・公明党の与党は平成31年度税制改正大綱を公表しました。すでに大綱の各改正項目の解説は各大手税理士法人等から発表されていますので、今回はそもそもの税制改正大綱を分析する事の重要性や意義、税制改正の流れを中心に解説をしたいと思います。この投稿をご覧になってから税制改正項目の解説を確認いただくことで、より有用な情報を得ることができるかと思います。

なぜ税制改正大綱が重要なのか