売買注文を出す時、取引したい希望価格を指定する注文方法。株の売買注文を出すときには必ず指値注文か成行注文を選択しなければならない。指値注文は、売買したい値段を指定して注文するを出すことである。成行注文は、売買値段を指定しない注文である。レートが常に変動する中で、自分が買いたい(売りたい)値段で売買できることになる。ただし、希望するレートに相場が変動しない限り、売買がいつまでも成立しないことになる。