株式相場が大きく変動したり、理論価格との乖離が一定水準以上に拡大したりした場合に、値幅制限や取引停止などの相場を安定させるための措置のこと。先物価格の急変動時に、投資者の不安心理を鎮め、冷静な投資判断を促すことを目的としている。