オプション取引とは、ある商品(為替、株式、債券などの原資産)を将来の一定期日(あるいは一定期間内)に、特定の価格で買う(または売る)ことができる権利の売買であるが、このうちの買うことができる権利。オプション取引の権利を取得する際にはオプション料(プレミアム)を支払わなければならない。コールオプションは、商品の値上がりリスクに対する保険の役目をする。というのも、コール・オプションの買い手は、権利行使価格で株券を購入する権利を持つが、これは必ず買うという義務を背負うものではないからである。期日までに原資産(為替、株式、債券等)が値下がりすれば、買い手が権利行使をしなければ、損失はオプション取引をする権利を手に入れる際に支払ったリスクプレミアムだけになる。