近代セールス
(画像=PIXTA)
読者からの質問
先日の異動で、大型店の渉外リーダーに就任しました。大型店ということで支店長や役席からは 「大口出資者や大口取引先も多く、対応に気をつけてほしい」と言われました。渉外係にもこうした大口先と接するのが初めてという部下も多いのですが、どんな対応が求められるのでしょうか。

金融機関も、サービス業の一つであり、お客様に選ばれて初めて事業が成り立ちます。よって行職員には、お客様のニーズに応じた商品・サービスの提供、およびブラッシュアップを続けていくことが求められます。

その一方で、今なお金融機関の数が多いオーバーバンキングといわれる中では、自行庫に大口の出資等を行っていたり、多額の預金等を預けていたりするお客様は、自行庫のことを評価している支持者・重要なお客様に他なりません。そうした存在であることが改めて理解できれば、まず感謝の気持ちが湧き上がるはずです。

自行庫への評価が聴ける重要なお客様