増える
(画像=PIXTA)
先日、弁護士・北楓は村田三郎の代理人として、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てた。その村田が「不法行為に基づく損害賠償請求の訴え」を他の相続人から提起されてしまった。本日は、その事件でも北が代理人になるかどうかの確認で、地方裁判所の書記官から電話がかかってきた。そこで村田の意向を確認するために、村田に来所してもらった。