詐欺
(画像=PIXTA)
弁護士・北楓の事務所には、年配の男性弁護士が訪れている。この弁護士は、先日、北が申し立てた遺産分割調停の、相手方のうちの1名の代理人である。その相手方は、相続放棄を申請し、すでにそれが受理されていた。であるにもかかわらず、調停を申し立てられて困惑しているという。その事実関係を北に確認するために弁護士が訪問したようだ。