近代セールス
(画像=PIXTA)

日頃からリスクを予防し些細なことも報告させる

リスク予防においても正確・迅速・約束を守る

第2原則「正々堂々として王道を行く」の5つ目の留意点は「リスクへの備えを怠らない」ことだ。次の6つの観点から考えていこう。

①リスク予防の基本は「正確・迅速・約束を守る」
前回、金融機関に勤務する者が職務へ向き合う際の心構え・守るべき実務上の基本ルールは「正確・迅速・約束を守る」ことだと申し上げたが、これはリスク予防の基本でもある。

失敗学で有名な畑村洋太郎氏は『失敗学のすすめ』(講談社文庫)で「リーダーシップを持つトップが、失敗の未然防止を強く意識しているだけで3分の2の失敗は消え、そればかりか起きてしまった失敗が進歩の種として使われることも期待できるようになる」と指摘する。