バンクビジネス
(画像=PIXTA)

近年、公共料金などの窓口収納業務は、コンビニエンスストアなどとの競合が激しくなっています。取扱いによって手数料 収入が得られるだけでなく、いわゆる"一見さん"であるお客様の来店動機にもなるため、声かけによって開拓・深耕もできる極めて重要な業務です。

組織をまたいで実施される収納業務には多数の関係者が携わっているため、取扱いを誤れば、お客様の満足度を下げるだけでなく、各所に迷惑をかけることにもなります。この機会に、基本的な流れをおさらいしておきましょう。

どんな確認を行うかお客様に十分説明する