遺族年金
(画像=PIXTA)

2014年の改正で、遺族基礎年金の受給資格者が「子のある妻」から「子のある配偶者」になったことで、夫も遺族基礎年金が受給できるようになりました。