アドバイス
(画像=PIXTA)

万一の保障として生命保険で準備すべき額を「必要保障額」と呼びます。遺族のその後の家計収支を測り収入よりも支出が多ければその差分を死亡保険で埋める、それが基本的な考え方です。