数字だけが求められる厳しい営業の世界でトップセールスになる人は、どんなことを心がけ、何を実践しているのか。「ノルマの野村」とも言われる野村證券の営業畑で実績を積み、43歳の若さで最年少役員(当時)に抜擢され、当時の社長から「営業の鑑」と言わしめた津田晃氏に営業の極意を聞いた。(編集構成:ZUU online 編集部 菅野陽平)※本インタビューは2018年12月11日に実施されました

目次

  1. 一部公開(約5分)
  2. 全編(約23分)
  3. 2度、3度と会うチャンスをつくるのが「できる営業」
  4. 法人やオーナー企業のニーズ50通りくらいはある
  5. 商談が順調に進んでいる時ほど、最後の段階になって気が緩むもの
  6. 効率的に見える紹介営業の意外なデメリット

一部公開(約5分)

★以下に音声データ全編と文字起こしがあります★