hand
(画像=Prostock-studio/Shutterstock.com)

年功序列を脱するならどんなチームが日本に効く?

フローリアン・コールバッハ博士(以下:FLORIAN):リュウさん、早く帰るためにはチームワークも大事だと思わない?

村尾隆介(以下:RYUSUKE):『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか』という本があります。そう思っている人も多いのかも。

FLORIAN:変わりつつあるけど日本は年功序列型。経験値や過去の実績も大事だけど、本当は今のパフォーマンスと結果だよね。

RYUSUKE:今の日本にはどんなチームが最適だと思います?

FLORIAN:欧米はパフォーマンス至上主義。でも、チョイ行き過ぎなところもある。理想は日本型と欧米型の中間くらいのチームづくりだと考えているよ。

RYUSUKE:僕は無駄をバンバン斬り、時間がかかっていることをドンドン変える中間管理職。それを許すトップ。このセットで働き方改革に重きを置いたチームづくりを試してほしいと思います。

FLORIAN:ダイバーシティも。外国人採用に限らず多様なバックグラウンドを持った人を混ぜて! 長年同じところに勤めている人よりも、外で経験を積んだ人が何かを変えてくれるはず。

早く帰るためのスローガンその浸透をどうするか?