「Million Dollar Round Table」 の調査によると、アメリカ人投資家は人間の金融アドバイザーから脱却してはいないという。この研究によると、投資家の好みは、アドバイザーの個人的な感覚と最先端の技術を組み合わせることだという。

投資家は、人間の財務アドバイザーをテクノロジーが補完することを望んでいる

MDRTは、72の国と地域にある500社以上の企業の66,000人以上の生命保険と金融サービスの専門家で構成される独立団体で、伝統的な人間関係の根強いファイナンシャル業界をテクノロジーにより補完するため、フィンテック革命を調査している。