がん保険
(画像=PIXTA)
がんは、宣告されると余命幾ばくもない死の病というイメージがかつてはあったが、今では早期発見できれば治る病という認識が定着しつつある。
治療も、入院よりも通院で行うほうが多くなっている。粒子線治療など最先端の治療法も開発され、クオリティオブライフの向上が期待されている。

治療法の進化に合わせて、がん保険の保障内容も大きく変化してきている。がん保険といえば、AFLAC(アメリカン・ファミリー生命)が保有契約件数の67%を占めている(図表1)。まずは、AFLACのがん保険の変遷概要を理解し、時代に合わせたがん保険のあり方を確認しよう。