転換
(画像=PIXTA)
大手生保の保有契約の平均予定利率は2・9%程度というデータがある。現在の予定利率は1・0%だが、来年4月には大幅な引下げ(=保険料のアップ)が予定されている。「お宝保険」と呼ばれる高い予定利率の契約を保有するお客さまは、まだまだ多数いる。これらのお客さまへの見直し提案では、慎重な対応が必要である。特に「転換を勧められているがどうしたらよいのか」という問合せについては、転換制度のメリット・デメリットを丁寧に説明する必要がある。