医療保険
(画像=PIXTA)
既往症・現症があり健康状態に不安があるお客さま向けに「引受基準緩和型医療保険」を販売する生保会社が増えている。しかし、「標準型医療保険」「入院特約」で特別条件付きで契約するほうが有利なケースもある。販売サイドはお客さまに十分な情報提供が必要だ。