National Insurance and Financial Advisors(全米保険金融アドバイザー協会)に所属する典型的な生命保険会社や健康保険会社は、NAIFAに対し、世界では依然としてコミッションモデル(歩合)が主要な報酬形態であると述べている。 NAIFAの調査で報酬に関する質問に答えたNAIFA会員の約83%が、コミッションが報酬の主な形態であると答えた。

約40%が運用資産に基づいて手数料を受け取っていると答え、約10%が給与を得ていると答えた。しかし、金融専門家がコミッションベースの報酬モデルから移行したというメディアの報道にもかかわらず、この五年間で手数料ベースの報酬へ移行しと答えたのは約30%にすぎない。 (関連: New York Best Interest Standard Violates Law: NAIFA-NY)