pay
(画像=diy13 / Shutterstock.com)

自宅のインターネット料金の内訳は、大きく①回線料金と②プロバイダー料金の2つに分けられる。多くのお客さまは①をNTT東日本/西日本(以下:NTT東西)のフレッツ光、②を複数あるプロバイダーの中から選択して契約しており、マンションで月額3550〜4000円程度、戸建てで月額4000〜5500円程度を支払っている。今回はこれを「標準プラン」と呼び、見直し方法を解説しよう。

見直しは「A:回線変更なしプラン」または「B:回線変更ありプラン」いずれかへの乗換えが基本だ。Aは「光コラボレーション(以下、光コラボ)」と呼ばれるサービスを利用する方法。光コラボは、プロバイダーがNTT東西から光回線を借り受け、自社サービスと共に提供する方法で、格安スマホに似ている。回線自体はNTT東西を継承するため工事の必要がなく、手間をかけずに見直したいお客さまに最適だ。

Bは回線自体をNTT東西から変更する方法で、「auひかり」や「NURO光」などがある。新規顧客獲得のためAよりお得なキャンペーンを行っているケースが多い。

図表のとおり毎月の料金差はわずかだが、Aへの乗換え時には、通常1000〜1万5000円程度のキャッシュバックを受けられる。仮に1万5000円のキャッシュバックを受け取り2年間利用した場合の月額は、実質2975円だ(注1)。

ファイナンシャル・アドバイザー
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

Bへの乗換えではキャッシュバック額が大きくなる。例えば販売代理店の株式会社NNコミュニケーションズから「auひかり」に申し込めば、代理店から2万3000円(注2)、プロバイダーから1万円のキャッシュバックが受けられ、2年利用時の月額は実質2425円になる(注3)。

ただし、回線そのものが変更になるため、工事費や転出元で違約金が発生する場合がある。多くの場合これらの実費分はB側で負担してくれるが、その金額を先のキャッシュバック額と合わせ、「最大10万円以上キャッシュバック!」などと謳っているケースもあるため注意が必要だ。

携帯電話料金の割引も