intercom
(画像=RossHelen / Shutterstock.com)

──クライアントビジネスで成功し続ける

5分早く着く=相手の時間を5分奪うこと!?

〝時は金なり〞。特にお金に関わる仕事をする人には、誰よりも時間にシビアであってほしいと思います。ただし、あくまでも自分の時間というより「相手の時間」を大切にするためです。まずは一般的な、クライアントビジネスにおいて気をつけるべきことを挙げてみましょう。❶相手の会社、自宅への訪問は、約束の時間の3〜2分前にインターフォンを押す(中へ通されて、会議室や応接間に通されるのが約束の時間ピッタリになるのがベスト)。❷カフェやホテルのラウンジでの待合せ(約束時間の30秒前に声をかけるのがベスト)。❸面談、打合せの時間はピッタリに終わらせる(相手が望んだとき以外は、絶対に時間をオーバーしないこと)。

これらは「あたり前のこと」ですが、意外とできている人は少ないと思います。「ちょっと早く着いたけど、早いぶんにはいいかな」とか「時間は過ぎたけど、短いよりはいいかな」と、もし思っていたら要注意です!

顔はニコニコしていても内心はイライラ!?