cafe
(画像=Satori Studio / Shutterstock.com)

──クライアントビジネスで成功し続ける

資料の作り方=おもてなしと考えるべき!?

〝資料リテラシー!?〞。どんな打合せでも何らかの資料を使うと思いますが、常に紙の資料をホチキスで留めて(またはクリアファイルに入れて)渡していませんか?

年代や業界によってマチマチですが、クライアントから多く上がってくる意見を挙げてみましょう。

❶「事前にデータを送ってくれるのはいいけど、印刷するのが面倒」(いまだに、紙で出力をするのが当たり前の層も多いです)
❷「議事録や、まとめをつくるので、データでもらったほうが便利」(若年〜中堅世代やIT業界は、特にこの傾向が顕著です)
❸「環境配慮&ゴミ仕分けとか厳しい会社だから、ホチキスは困る」(金属製のホチキス針やクリップは意外とありがた迷惑?)

いずれにせよ、都度「相手に合わせた資料」にすることが気遣いともいえます。

さらに状況によっては、「ITリテラシーが低い」「環境リテラシーが低い」と捉えられてしまうこともありますので要注意です!

プレゼンとは話し方ではなく魅せ方!?