meeting
(画像=Rawpixel.com / Shutterstock.com)

──クライアントビジネスで成功し続ける

場所の力を借りるのもプレゼン力、という発想!

〝サッカーのゲームは、ホーム&アウェイ〞。打合せや会議、商談も同じように、場所によって勝手が違うことがあると思います。

僕の経験上、「場所」によっていつもと違う考え方になったり、違う判断に至ったり、「いつもと違うこと」が起きやすくなるように思います。

なかなか決断しにくいような話、いつも堂々巡りになってしまう話、考え込んでしまい沈黙が続く話…、そんなときこそ「場所」を変えることが、ブレイクスルーのきっかけとなることも多いです。

お客さまの会社や自宅は、あなたにとってのアウェイ。お客さまにとってホームは安心して話ができる場所。カフェやホテルのラウンジなどをあなたのホームにできるならば、それはお客さまにとってのアウェイになります。

とはいっても、「自分の立場を優位にする」ためではなく、相手の話しやすさ、会話の引き出しやすさなどを考慮した場所選びを、ぜひ試してみてください。

大切なのは「話術」ではなく場を和ます「和術」