man
(画像=Pressmaster / Shutterstock.com)

──クライアントビジネスで成功し続ける

できるコンサルは、子どもの進路相談までされる!

「お客さま」との距離間。すべてのクライアントビジネスにおいて、これが最も大切なことといっても過言ではないと思います。

ビジネスライクな距離感がいいのか? 気のおけない友人のような距離感がいいのか? 人それぞれの考え方や向き不向きがあるかもしれませんが、僕自身いまの仕事をしていて良かったと思う瞬間は、クライアントに次のようなことをしてもらったときです。

•社内イベントに呼ばれたとき
•社員旅行に誘われたとき
•ご家族との食事に招かれたとき
• 娘・息子さんの進路相談をされたとき
•夫婦問題の相談をされたとき

この「距離感」が、相手から最大の信頼を得た証なのではないかと思います。もちろん、相談していただけたことには全力で応えていきます。すると、仕事上の契約期間が終わっても、良い関係性が続いていきます。友人以上の親友と呼べるくらいの関係性になったら最高です。

あらゆるところで距離感が垣間見える!?