phone
(画像=Tero Vesalainen / Shutterstock.com)

──障がいを持つ経営者のコミュニケーション新発想

署名のユニバーサルデザイン、知ってますか?

私は全盲の経営者です。日ごろは携帯電話の音声読み上げソフトを使って1日500通以上届くメールを読んでいます。らくらくフォンでも技術革新が進み、メールの絵文字も音声が読んでくれます。

皆さんに、明日からできる視覚障がいを持つ方へのちょっとした気遣いをお伝えしますね。

ぜひ署名の冒頭に「以下、署名欄です(※この一文は、視覚障がい者への配慮のための記述です)」という一文を入れてみてください。

視覚障がいを持っていると文章を読み飛ばすことができなかったり、署名に使われている記号をすべて読み上げてしまったりするので、この一文があるだけでメールの終わりがわかるのです。署名に一文加えるだけで、自動的に誰にでも読みやすいメールになります。

今度、「以下、署名欄です」という一文を入れている人からメールを受け取ったら、なぜ入れたのか理由を聞いてみてください。そして、この一文を入れたメールで私宛てに感想をお寄せください!

「大丈夫」は本当に大丈夫?