近代セールス
(画像=PIXTA)

一つひとつの仕事を書き出して管理しとりかかりを早くする

「3年目になったら一人前――」金融機関では暗黙のルールだ。

初任店のまま3年目を過ごす人も、2カ店目へ異動している人もいるだろうが、いずれにせよ、新人研修から一通りのOJTが終わり、一人の戦力として支店の人員にもカウントされ始める。それが「3年目」の立ち位置となる。

そんな3年目の皆さんにまず立ちはだかるのが「時間の壁」ではないだろうか。「お客様に親身に寄り添い、課題を解決し、積極的に成果を出そう!」という情熱を持っている人でも、3、4カ月もすれば「そんな時間はない」と嘆き、次々と押し寄せる業務にひたすら追われ続けるようになる。そんな消極的思考に陥らないよう、タイムマネジメントの手法を習得したい。

仕事を具体的に書き出せば確認や依頼がしやすくなる