近代セールス
(画像=PIXTA)

計画的なヒアリングと提案時の観察により顧客の本心を把握しよう

前回は顧客との面談に際し、目的を告げてアポイントを取得するポイントについて考えた。

今回は、面談をうまく進めるために、どういった点に留意すればよいか見ていこう。前回挙げた企業訪問の目的、リレーション構築、ヒアリング、提案に分けて見ていく。