近代セールス
(画像=PIXTA)

預貸率悪化の主因は財務数値重視の資産査定

業態別預貸率を見ると興味深いことが分かる。2001年3月の預貸率は信用金庫62・3%、地方銀行78・7%、第二地方銀行73・9%。15年3月は、それぞれ49・9 %( ▲12・4%)、73・6%(▲5・1)、75・1%(+1・2)である。信用金庫だけに預金が集中するとは考えにくいから、他業態に比較して信用金庫の融資が顕著に落ちていることが見て取れる。その要因は何だろうか。