近代セールス
(画像= Pixel-Shot/Shutterstock.com)

帰りにくい雰囲気を根絶し互いに譲り合う環境を整備する

新年度を迎え、業務推進部門からは予算必達を求められつつ、同時に人事部門からも時間外勤務の削減を命じられた営業店長も多いことだろう。長時間労働と健康状態悪化の相関性の高さは、すでに多数の研究で立証済みであり、鬱病をはじめとする昨今の精神疾患の増加傾向が、時間外勤務削減の圧力となっていることは言うまでもない。実際、どこの金融機関でも精神疾患者が見られるようになって久しい。