バンクビジネス
(画像=PIXTA)
今回の質問
初めて預金担当者になりました。預金の実務を行ううえで、理解しておくべき預金取引の特徴やお客様へ説明する際のポイントを教えてください。

預金取引は、預金者が金銭の保管を委託し、金融機関が同種、同額の金銭を返還する契約になっています(民法の消費寄託の性質を有す)。それ以外に、振込金の受入れや公共料金の自動支払い、定期預金の自動継続等の処理も含まれますから、(準)委任契約の性質も有します。

預金商品は随時払戻しが可能な「流動性預金(要求払預金)」と期日まで払戻しができない「定期性預金(固定性預金)」に分類できます。