バンクビジネス
(画像=PIXTA)
今回の質問
高齢者と取引する場合、どのように対応すればよいでしょうか。預金取引で留意すべきポイントを教えてください。

高齢齢化社会の進展により、高齢者との取引が増加しています。一般に高齢になると肉体面・精神面に老化が進み、認知症等の病気にかかるなどして、意思能力に懸念が生じる可能性があるほか、高齢者を狙った振り込め詐欺等の特殊詐欺の被害に遭う可能性も高いため、慎重に取引に対応する必要があります。