バンクビジネス
(画像=PIXTA)
今回の質問
預金口座を持つお客様が後見の審判を受け、成年後見に関する届出を受けることになりました。この場合、どのような手続きを行えばよいでしょうか。

人は自分の権利義務関係を自らの意思で決めることができます。しかしながら、判断能力を十分に持ち合わせていない人が契約締結等を行うと、不利益を受けるおそれがあります。こうした人を法律的に保護・支援するため、法定後見制度と任意後見制度からなる成年後見制度が設けられています。