「これからの金融女性のキャリアを考える女子会」(1月26日開催、ZUU主催)の第2部では、金融機関出身の女性3人によるパネルディスカッションを実施しました。

パネルディスカッションのリポート後編では、野村證券出身でエニタイムズ代表取締役CEOの角田千佳さん、みずほ銀行出身でVIVIA JAPAN代表取締役/MindNET Technologies Ltd. Co-founderの大山知春さん、野村證券出身でエメラダ広報の野澤真季さんの3人が仕事のモチベーションや転職にまつわる心構え、金融女性のこれからなど、今後のキャリアを考えるうえでヒントになりそうなテーマについてお届けします。

仕事のモチベーションは「ありがとう」

moneylist12
(写真=筆者撮影)

くすい:皆さんは、現在どんなことをモチベーションに働いていらっしゃいますか?

角田さん(以下角田): 私はそもそも自分が好きなこと、やりたいことを仕事にしているので、モチベーションっていう言葉も久しぶりに思い出したくらい、モチベーションを意識せずに働いています(笑)。

ただ、エニタイムズのユーザーさんからの声が届くと、とても嬉しく、やりがいを感じますね。例えば、サービス立ち上げ初期からのユーザーさん(20代後半)が、得意な料理を生かして、エニタイムズで料理代行のお仕事をされ、様々な経験を通して自信がつき、最終的に料理関係の会社を起業されたんです。

そのとき頂戴したお手紙に「エニタイムズをきっかけに人生が変わりました」と書かれていたんです。それがすごくうれしくて会社に飾りました。

大山さん(以下、大山): 私も角田さんと一緒で、お客さまから「この商品を作ってくれてありがとう」という手紙やお菓子をいただいたときはうれしいですね。これは、金融機関に勤めていると、なかなか得られない喜びかなと思います。

くすい:言われてうれしかったことについて、具体的なエピソードがあれば伺えますか?

大山:今手掛けているスキンケア製品は、90種類以上の栄養がつまった木の葉「モリンガ」を使っているのですが、それを取り入れてから肌の調子がよくなったという声をいただくことも多くて、それはうれしいですね。

野澤さん(以下、野澤):会社や事業についてメディアに掲載されると、社員のみんながすごく喜んでくれるんです。私は広報なので、それを目の当たりにするとモチベーションがアップしますね。

野村證券に勤めていたら、たとえ日経新聞に掲載されてもスルーしていたと思います。でも、まだ世の中に知られていない発展途上の会社だからこそ、成長の兆しを皆で喜び合えることが私の喜びであり、原動力ですね。

金融出身女性3人のこれからのキャリアプラン

moneylist13
(写真=筆者撮影)

くすい:これからのキャリアプランについて、ぜひ伺ってみたいのですが。

角田:まずは事業をしっかり育てたいですね。創業から6年のうちに、次世代の働き方や地域の助けになるサービスがたくさん出てきました。世の中が変わってきている実感があるので、引き続きこれらの社会課題を解決するために試行錯誤したいです。

それに加えて、私の原点でもある開発途上の国への支援もかたちにしたいと思っています。将来的には日本以外の国でも事業を展開していきたいので、これまでの経験をもとに挑戦していきたいです。

大山:アフリカにアイデンティティがあるスキンケアを多くの方に知っていただきたいです。あとは、女性がもっと楽しく自由に生きるために、ノウハウを伝えていくサービスも展開できたらと思っています。私は銀行勤務時代に、いつもイライラした顔をしていたのですが、いまでは曜日も全然気にならないくらい充実した日々を過ごしています。

起業については不安もありましたが、今は心から良かったと思っています。そんな自分と同じように悩む人がいたら、参考にしてもらえるように積極的に発信していきたいです。

野澤:私は広報からIR にポジションを広げて活動していきたいですね。広報の仕事は野村證券に勤務していた頃からやりたいと思って、手を挙げ続けていたのですが、なかなか異動できなかったんです。なので、転職先には最初から「広報をやらせてほしい」とお願いしました。

そして今、広報として経験を積み、会社が大きくなっていく様子も見ながら IR 活動をできたらうれしいなと思っています。その都度、「これにチャレンジしたい」と思うことがあれば、自分の思うままに進んでいきたいですね。

踏み出す勇気がないなら、自分に問いを投げかけ続ける

moneylist14
ZUU CAREERの佐藤さん(写真=筆者撮影)

くすい:ここで、来場者からあらかじめいただいた質問に皆さんにお答えいただきたいと思います。パネルディスカッションには株式会社ZUUのキャリア・コンサルタント佐藤さんにも登壇していただきたいと思います。佐藤さんは、金融業界を専門に転職支援をされています。

まず、「何かしら行動を起こしたいけど、一歩踏み出す勇気や自信が持てない」という方にアドバイスをお願いしたいのですが。

佐藤さん(以下、佐藤):転職活動は「面接→採用」というプロセスだけではありません。いろいろな人から話を聞き、ご自身の価値観を整理する時間を作れることも転職活動のメリットだと思います。動いてみた結果「やっぱり現職が良いな」と気づけたのであれば、モヤモヤしながら現職で働き続けるよりもよっぽど納得感は高くなりますし。その意味で、このイベントに足を運ばれていることも、ご自身が納得してこれから過ごすための判断基準を作る、一つの行動だと言えるのではないでしょうか。

最近は、世の中も変わってきています。いきなり転職するのは不安かもしれませんが、副業 OK の会社も増えていますし、仕事というかたちではなくてもボランティアなど、今の仕事を続けながら、並行して他のことをやるのもいいと思います。仕事と並行しながらであれば、ちょっと違ったなと思っても方向転換もしやすいです。そうすると気楽な気持ちで行動を起こせたり、チャレンジしたりできるのではないかと思っています。

大山:私は、一歩踏み出せないときは踏み出すときではないと思うんですよね。私が「アフリカで起業しました」というと、ぶっ飛んでいると思われがちですが、10年前は全然そんなことなくって、今の自分は想像していませんでした。ただ、ずっと変わらないスタンスは「目の前の仕事を一生懸命やること」。一生懸命仕事をしていたからこそ新天地での仕事に生かせるんです。

「こんな仕事をしていて大丈夫かな」と思うこともあるかもしれませんが、長い目でみると絶対に将来につながってくるので、とりあえず今自分のできることを頑張ることが、はじめの一歩になるのかなと。

佐藤:確かにそうですね。踏み出すべきときというのは、チャレンジの意欲に満ちあふれている段階だと思うんですよね。ただ、キャリアカウンセリングをしていると、はっきりと自分の考えを言語化できる人は少ないなと感じます。

それは、ご自身の考えが明確ではないからとも言えます。であれば、「今の仕事や職場環境にどんな不満を抱いているのか?」「自分が幸せを感じる状況はどんなときか?」と自分に問いかけて、きっちり言語化して整理するといいと思います。

金融出身女性が思う「金融女性のキャリアのこれから」

moneylist15
(写真=筆者撮影)

くすい:「最後に金融女性のキャリアのこれから」について、皆さんのお考えを伺いたいです。

角田:今のスキルに固執し過ぎず、世の中の一歩先を見据えて生きていくことが大事だと思います。これからAIやロボットがますます進化すると思うので、単調な仕事が減る可能性も高いと思います。そうした変化をポジティブに捉えて、いかに仕事を楽しむかを考えるといいと思います。私自身も常にそう考えながら仕事していきたいです。

大山:名の知れた金融機関で働いているとバリューがつくので、そこは自信を持っていただいていいと思います。ちなみに、私はがんを経験したのですが、誰しも人生の時間は限られていると思い知らされました。それは当たり前のことですが、若い頃は残された時間が何十年もあると錯覚するものです。けれども、本当はそんなにないかもしれないわけです。

失敗しても人生はいくらでもやり直しがききます。なので、たとえば「本当やりたいことは今やっていることじゃないんだよな」と少しでも疑問に感じたら、しっかり探求することから始めてほしいです。正解にたどりつく道のりが分からなくても、探求する意識さえあれば、自ずと新しい方向に歩きだせるはずです。

野澤:これからは一人一人の個性が大事になる時代だと思います。そして自分が進みたい道や、将来のありたい姿に向かって、やりたいことをどんどんやっていく時代でもあります。

もし「これだ!」というものがまだ見つかっていないのであれば、「これだけは誰にも負けないものが何なのか」を考えて、これはナンバーワンだっていうことを見つけてもらいたいです。例えば、電話を取る速さで誰にも負けないとか、些細なことでもいいのでナンバーワンだっていうところをたくさん積み重ねていくことで、得意なものが見えてくると思います。

佐藤:今日の登壇者の皆さんは、ビジネスパーソンとして第一線を走っている方々なので、もしかすると遠い存在に思われるかもしれません。でも、変に「明確な目標やゴールを持ってキャリアを作らなくてはならない」という強迫観念にとらわれる必要は全くなく、毎瞬間毎瞬間、納得しながら生きることができていれば、人生の最後に振り返った時その積み重ねで「幸せだった」と思えるんじゃないかなと考えています。だからこそ、ご自身のキャリアを見つめ直す際は、「大きな目標を立てるぞ!」というところからではなく、まずは肩肘を貼らずに「今、生き方に納得できているかな?」「幸せかな?」といった自問自答から始めてみるといいのではないでしょうか。

参加した金融女性「目の前のことを一生懸命やることが大切」

moneylist16
(写真=筆者撮影)

3人の金融出身女性の熱を帯びたメッセージに、耳を傾ける参加者たちの表情は真剣そのもの。パネルディスカッション終了後にどんな言葉が心に響いたのか聞いてみました。

「現在の会社に勤め続けることに不安を感じたので、参考になりそうだと思いイベントに申し込みました。印象に残っているのは『目の前のことを一生懸命やることが大切』というメッセージです。もしも今の会社を辞めたとしても、無駄ではなかったと思えるように任された仕事には真摯に向き合いたいと思います」(信託銀行・26歳)

「もともと新卒で証券会社に入社したので、似た経歴を持つ皆さんがどんな仕事をされているのか知りたくて参加しました。私は士業を選びましたが、起業してサービスを作っていく自由な感じや楽しむ姿に刺激を受けました。あらためて、今を生きることが大切だと気づきました」(会計事務所勤務・25歳)

あっという間の3時間でしたが、パネルディスカッション終了後もほとんどの参加者が残り積極的に交流する姿が見受けられました。意見交換を通して、さらに刺激を受けたようです。

新しい世界に一歩踏み出し、自分らしい生き方を手に入れた3人の金融女性を通して、「さまざまな生き方や考え方に触れることで価値観が広がる」という大切なことに気づくきっかけになったようです。

働く女性のためのお金のメディアDAILY ANDSでは、特集「金融女性のこれからのキャリア」を展開中。キャリアに悩む金融女性はぜひチェックしてみては。

(おわり)

【「これからの金融女性のキャリアを考える女子会」リポートはこちら】
(1) 角田さん講演
(2) パネルディスカッション前編
(3) パネルディスカッション後編

3月24日、金融女性向けキャリアイベント開催

moneylist_金融女性の自分らしいキャリアを考える会
(画像=金融女性の自分らしいキャリアを考える会)

3月24日(日)の午前10時から、元大和証券・楽天証券のファイナンシャル・プランナー久富有里加さんをお招きして金融女性向けのキャリアアップイベントを開催します。鎌倉市在住で、結婚・出産後も輝きながら働いている久富さんの「自分らしいキャリア」を手にするまでのストーリーをお伺いします。モデレーターは元新聞記者で結婚後もITベンチャーで働くDAILY ANDS編集長くすいともこ。女性が自分らしく輝き続ける方法とは?

イベント詳細はこちら!

末吉陽子
フリーランスの編集者・ライター。ビジネス、社会問題、ガイドブックまで執筆ジャンルは多岐にわたる。現在、つみたてNISAとiDeCoをコツコツ運用中。