couple
(画像=Billion Photos / Shutterstock.com)

将来、二世帯住宅にすることなども考えて、賃貸併用住宅を建てようと思います。このような場合、ローンはどのように組めばよいのでしょうか。

賃貸併用住宅に対する貸出方法は、主に3つあります。

・全額アパートローン
・全額住宅ローン
・アパートローンと住宅ローンの併用

ここでは、これら3つの可能性が考えられる場合に、どのようなアドバイスをするとお客様に喜んでもらえるのかポイントを紹介します。

①金利・返済期間の比較

一般的に、住宅ローンはアパートローンよりも金利が低く、金利の種類が豊富です。また、返済期間は住宅ローンのほうが長く設定できるようになっていることが多い傾向にあります。返済開始後の金利の見直しルールが両者で異なる点は注意が必要でしょう。お客様の年齢や建物の耐用年数も返済期間を左右する重要な要素です。

まずは、それぞれのローンの適用金利・返済期間などの違いを確認したうえで、お客様の希望を聞き取りアドバイスしましょう。

団信等は借入人本人や家族へ丁寧に説明