shop
(画像=Fotokostic / Shutterstock.com)

融資等の取引にあたって、業種によっては取得している各種許認可を確認します。本連載では、各業種の許認可について、資格の内容や証明書等の見方などを解説します。

サンプル「古物商許可証」

古物営業法により、古物商とは古物の「売買」「交換」「委託による売買」「委託による交換」などを営業(古物営業)する者と規定されています。

ここでいう古物とは、①一度使用された物品や、②新品でも使用のために取引された物品(いわゆる新古品)、③①や②に手を入れた物品のことです。

具体的には、古物営業法施行規則によって次のように13種類に分類されます。㋐美術品類、㋑衣類、㋒時計・宝飾品類、㋓自動車(部分品を含む)、㋔自動二輪車および原動機付自転車(部分品を含む)、㋕自転車類(部分品を含む)、㋖写真機類、㋗事務機器類、㋘機械工具類、㋙道具類、㋚皮革・ゴム製品類、㋛書籍、㋜金券類です。

管轄警察署が許可