パンクビジネス
(画像=PIXTA)
今回の質問
手形記載事項について、必要的記載事項以外にどのようなものがありますか。券面を見る際には、どのような点に注意すべきでしょうか。

手形には、その効力を生ずるために必要な記載事項が法定化されています。これを手形要件といい、具体的には約束(為替)手形という文字、支払約束(委託)文句、手形金額、支払期日、支払地、受取人の名称、振出日、振出地、振出人の署名で、為替手形の場合は支払人の名称も含まれます。いずれの記載を欠いても原則無効となるため、必要的記載事項といいます。