議員たちは、この法案が、不平等と市場の不安定性を減らしながら、歳入を増やすと主張している。

民主党が新金融取引税を議会に提出

ブライアン・シャッツ上院議員 (民主党、ハワイ州選出)、クリス・ヴァン・ホーレン上院議員 (民主党、メリーランド州選出)、ピーター・デファツィオ下院議員 (民主党、オレゴン州選出) の3議員は、火曜日にウォールストリート税法(Wall Street Tax Act) 案を議会に提出した。この税法案は、株式、債券およびデリバティブの売却に係わるもので、投機的な金融取引を減らすことを目的として課される新税に関するものである。税率は0.1% (100ドルの取引に対して10セント)である。

共同声明の中で、上記議員は、この税法案は金融取引に関して進歩的な税金を創出し、莫大な税収を生み出すことができる一方で、市場における経済的な不平等、高いリスク、不安定性を軽減することができるとしている。 議員らによれば、ウォールストリート税法は、生産性がない投機的な取引を減らすことにより、金融システムと実体経済の乖離にうまく対処できるという。