hands
(画像=OPOLJA / Shutterstock.com)

今回は、親族外社外承継であるM&Aについて考えていきます。

M&Aは、一般的に親族や社内等に後継者がいない場合に検討されることが多いといえます。かつては比較的大規模な企業の間で行われる傾向がありましたが、最近では中小企業間でも行われることが増えてきました。

専門部署を設置していたり、専門家と提携していたりする金融機関もあるでしょう。自行庫がどのような支援を行っているか把握し、必要に応じて経営者に情報提供を行うことが大切です。

セールスポイントが多いと高値売却が可能に